様々なシーンの演出や、包装資材、工芸品にお使いいただける水引。
「水引」といっても、様々な種類があるのをご覧になった方も多いと思います。
色水引、絹巻水引、光水引、羽衣水引、曙水引などなど。

ですが、名前を聞いただけでは、どんな水引なのかさっぱり分からないと思います。
そこで、加工の種類と名前の由来を解説させて頂く事により、ちょっとでも「水引」というものを理解してもらえればと思います。
ついでに、水引を初めて触る人にお勧めの水引を宣伝させてもらえれば。



水引の芯の拡大画像
薄い和紙を紙縒り状にしています




水引は和紙を紙縒り状にした「芯」に様々な加工を施すことによって作られます。
その加工は大きく分けて2つに分けられます。

1.「芯」に直接色を付ける
2.「芯」に色のついたフィルムや糸を巻きつける

です。
基本的にはどちらか一方のみの加工ですが、どちらの加工も施したり、あるいは複数回の加工を施す水引もあります(後述の曙水引など)。



1.「芯」に直接色を付ける水引について

水引を染めている様子
昔はこのように染めていました

1-1.色水引について

色水引13色セット

色水引は和紙を紙縒り状にした「芯」を直接染めることによってつくられる水引です。
水引の元祖として古くから使用されており、陶器の様な表情には多くのファンがいます。
反面、一度癖がついてしまうと直すのが難しい為、扱うには技量が必要になります。
名前は「芯」を「色」で染めることから付けられました。





2.「芯」に色のついたフィルムや糸を巻きつける水引について

2-1.絹巻水引

絹巻き水引
絹巻水引は和紙を紙縒り状にした「芯」に細い人絹(レーヨン)を巻いた水引です。
細い糸で色を出しているため、肌触りも色合いも柔らかいものになっています。
また、癖が付きにくく、結び直しが容易なため、初めて水引細工に挑戦する方にお勧めです。
名前は人「絹」を「巻」くことから付けられました。


2-2.光水引

光水引
光水引は和紙を紙縒り状にした「芯」に薄いプラスチックフィルムを巻いて作った水引です。
光沢があり、ワンポイントを飾るのに向いています。
癖は付きにくく扱いやすい水引ですが、やや硬い為、小さなカーブを作るには慣れが必要になります。
名前は当時存在していた水引の中では一番「光」沢があったことから付けられました。


2-3.羽衣水引

羽衣水引
羽衣水引は和紙を紙縒り状にした「芯」に糸とプラスチックフィルムを混ぜ合わせた「紙縒り」を巻いた水引です。
キラキラ感があり、華やかな場を演出したいときに向いています。
癖は付きにくい為結び直しが出来ますが、絹巻水引より固い為、注意が必要です。
糸とプラスチックフィルムを混ぜ合わせた「紙縒り」が「羽衣」の様であることから、この名前が付けられました。


2-4.曙水引

曙水引
曙水引は和紙を紙縒り状にした「芯」にフィルムを巻き、人絹(レーヨン)を隙間を空けて巻いた、光水引と絹巻水引の技法を使った水引です。
キラキラ感と柔らかな感じが同居する面白い仕上がりになっています。
癖は付きにくく、比較的柔らかな水引ですので、初心者の方にもお勧めです。
見た目が明るく、「曙」(太陽の登る明け方のこと)を想起させることから、この名前が付きました。


3.どんな水引を使えばいいの?

水引にもさまざまな種類があり、各々表情を持つため、その場に見合った水引を使うのが一番です。
ですが、「これから水引細工をはじめよう」と思ってらっしゃる方にお勧めするのであれば、「絹巻水引」がお勧めです。(現在準備中です。ごめんなさい)
癖が付きにくく、柔らかい事がお勧めの理由です(以上、弊社職人インタビューに基づく)。

Guide



2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
赤色の日が店休日です。
Top